「子供が生まれたので遊べる庭のある家に住みたい」
「ペットが飼える家に住み替えたい」
「交通が便利な地域に住みたい」

すでに家やマンションを購入した方が、生活環境の変化から家を買い替えるというケースも増えています

その際に、障害になるのが住宅ローンです。

住宅ローンが残っているから家の買い替えなんてできない。

そう思っている方は多いです。

実は、住宅ローンの残債があっても「買い替えローン」を利用することで新居に買い替えをする事が可能になります。

「買い替えローン」とは、今住んでいる住居を売却して、新しい住居を購入する際に利用できる住宅ローンです。

もし、今の家の売却金額で住宅ローンの残りを支払えなくても、その差額分を買い替えローンに組み込むことが出来ます

もちろん、今の家が想定よりも高く売れれば、新居に充てられる金額も多くなりますので、新居のレベルアップも見込めます。

まずは現在の家の価値を調べてみましょう。

こちらで住所を入力するといくらで売れるかがスグわかります。

家の売却額と買い替えローンの借入れ額を合わせた金額で新居を検討することが出来ます。

買い替えローンについて借入可能額とか金利とかをもっと知りたい!買い替えを検討する際に最初にすべきこととは?

買い替えローンは住宅ローンと同様にほとんどの銀行で扱っていますので、銀行の窓口で具体的な相談をすることが出来ます。

ただ、買い替えの場合「今住んでいる家やマンションの売却」「新居の購入」「買い替えローンの契約」の3つをタイミング良く行わなくてはいけません

不動産の購入が先か売却が先かなど、ちょっとしたタイミングのズレで損をしてしまうことも少なくありません。

この「売却→買い替えローン→購入」の3つをまとめて相談して調整してもらうのであれば相談先は不動産業者が最適です。

不動産屋であれば、家やマンションの購入と売却は専門ですし、買い替えローンはどの銀行が良いかといった相談から手続きのタイミングや方法についても教えてもらえます。

では、相談する不動産屋はどう選ぶべきか?

ずばり、売却に強く、高く売れる不動産屋です。

新居を購入する場合は、他店で紹介している物件だとしても基本的にどの不動産屋からでも買うことが出来ますし、購入金額に差は出ません。

つまり、販売力の高い不動産屋で買い替えローンの相談をして家を売却して、その不動産屋で新居を購入するのがベストという事になります。

最初にすべきことは、あなたの家の現在の価値を知ることですが、同時に一番高く売れる不動産会社も調べることができるページがあります。

こちらで住所を入力するといくらで売れるかと一番高く売れる不動産会社がスグわかります。

まずは、家の現在の価値を調べて、どんな家に住めそうかという買い替えのイメージを膨らませてみましょう。

妊婦さんと子育てママのお役立ち情報