「このまま身長が低いままなのかしら?」

「うちの子、まわりの子と比べて成長が遅い気がするんだけど」

「友達にドンドン追い越されていく」

こうした心配をされる方も多いと思います。

では、何歳くらいまで身長は伸びるのでしょうか?

子供は、4歳くらいから年間5cmから7cmペースで伸び始めます。

男の子は15歳くらい女の子は11歳くらいが最も身長が伸びやすい時期になります。

もちろん個人差はあるということが前提になりますが、一般的には4歳位から男子の場合は15歳くらいまで女子であれば11歳くらいまでが身長を伸ばすチャンスということになります。

身長を伸ばすために今スグすべきこととは?

成長して身長が伸びるために必要な要素として「遺伝」「運動」「睡眠時間」「食生活」の4つが挙げられます。

では、4つのうち、どれが一番大切でしょうか。

これは戦後から現在までの日本人の平均身長の伸びを考えると明らかです。

日本人は戦前と比較して戦後の現在まで大幅に平均身長を伸ばしてきました

なぜか。

先ほどの「遺伝」「運動」「睡眠時間」「食生活」の4つから考えてみましょう。

まず、同じ日本人ですから「遺伝」が原因ではないですよね。

外で遊ぶ子も減りましたし、自転車や交通機関が普及して「運動」する時間も減っています。

テレビやゲームの影響で「睡眠時間」も減っています

そう考えると「食生活」しかないんです。

実際、戦前に比べて明らかに現在の方が「食生活」は充実しています。

身長を伸ばすためには「食生活」を見直すことが近道になります。

なぜ身長が伸びない?カルシウムを摂るために牛乳も飲んでるのに

牛乳を飲めば背が伸びる。

そう言われた時代もありました。

もちろん、牛乳に含まれているカルシウムは骨格を形成するのに重要な栄養素です。

ただ、カルシウムを体内に取りこんで定着させるにはビタミンDが必要です。

また、筋肉などの身体の大部分はタンパク質で作られています。

このタンパク質を作るのがアルギニンというアミノ酸成分です。

実は、このビタミンDやアルギニンをバランス良く摂取することが成長にも重要なんです。

ただ、ビタミンDもアルギニンを多く摂ろうと毎日のメニューを考えることは大変です。

お子様の好き嫌いもありますし、量的にも毎日摂るのは現実的ではないですよね。

そこで、最近では補助食品に頼る方が増えています。

たとえば、こちらのココア味の食品です。

1日3粒で1日に必要なビタミンDやアルギニンを摂ることが出来ます。

実際、有名サッカークラブのコーチも子供たちに推奨しています。

サッカーは身長が高いと有利ですからね。

ココア味なのでお菓子感覚で食べることが出来ます。

一番安く手に入る公式ページはこちらです。

お試しモニター価格も用意されているので気軽に試せますよ。