ADHDを治療するには

ADHDを治療するには

ADHDは、主に薬物治療が用いられており、高い効果が期待できます。特に、衝動性のADHDを治療するのに適しており、症状である衝動を抑えることに役立つ中枢神経興奮薬を用いるものです。
ADHDを治すというより、あくまでも症状を抑える目的で使用します。この結果、学校の授業にも集中することができるようになるのです。中枢神経興奮薬には、ストラテラ、コンサータ、リタリンなどがよく用いられており、年齢や症状に応じて最適なものが選ばれます。
また、ADHDは心理療法で治療することも可能です。心理療法には、トークンエコノミーが用いられており、評価ポイントを設けておき、行動力に応じて加算して行く方法です。
ポイントが加算されることで、患者本人が治療に対してのモチベーションを向上させることができます。そして、ポイントに応じて何らかのご褒美を与えながら、ADHDに見られる行動を治療して行きます。
子供のADHDに関しては、社会性を認識させることも治療には重要なポイントです。社会性を養うために、ソーシャルスキルトレーニングを用いて、友達の輪に入れるように導いて行きます。また、忘れ物をしたり、怒られた経験によって不安を抱いている場合は、そのケアも同時に行うものです。
さらに、環境変容法という治療法もADHDに使われています。これは、集中力を高めるために、あらゆる環境を体験して行く治療法です。
このように、ADHDには様々な治療法がありますが、症状に応じて薬物療法と併用すると高い効果が期待できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


妊婦と子供が安心のウォーターサーバーを無料でお試しできます

妊娠中の妊婦のダイエット

妊娠中の妊婦の便秘は危険

定番の葉酸サプリはこれ

妊娠中の妊婦さんの肌荒れ対策

ハローワークにはない看護師の非公開求人

妊娠中の妊婦も使える白髪染め

妊娠中の妊婦の薄毛と抜け毛対策

妊娠中の妊婦さんのフェイシャルエステ

ブランド品の宅配買取

母子家庭のシングルマザーがもらえる手当て

子供の名前占い

コンテンツ一覧