妊婦の食事

妊婦の食事

妊婦の食事は、赤ちゃんを育てる栄養分でもあり、とっても大切ですね。といっても過度に神経質になると、食事を考えるのがストレスになって、かえって妊婦にはよくないので、普通に3食きちんと食べる、ということを心がけるところからスタートしてください。

ただし普段から「ファーストフードを含め外食が多い」といった場合は、食生活を見直す必要があります。基本はバランスよく栄養分を摂取することです。妊婦に必要といわれるのは、まずは筋肉、皮膚などを作る元であるたんぱく質です。現代の食生活で不足しがちなビタミンやカルシウム、鉄などのミネラルも大切です。老廃物を身体に溜め込まないために便秘予防を考えて、食物繊維もたっぷりと摂りたいですね。栄養の偏りを防ぐために、1日30品目以上の食材を摂るよう心がけましょう。

「何を食べるか、食べないほうがいいか」に関しては、マタニティ関連の雑誌やインターネットやなどでも情報がアップされているので、気になったらチェックしてみるのもいいですね。お酒やカフェイン、また塩分や食品添加物・化学調味料の摂り過ぎなど、普通でも健康に影響がある飲食内容は、控えるほうが良いでしょう。

妊娠中は肥満に気をつけることも大切です。脂肪分は赤ちゃんにもマイナスの影響を与えますし、出産後体型や体重が戻りにくくなります。また、太りすぎは産道を狭めて難産になる危険もあります。妊娠の期間に応じて適性体重がありますから、個人差もふまえながら、それを守りましょう。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加