飲料水としての水道水

飲料水としての水道水

飲料水としての水道水は安心して口にすることができるのでしょうか。蛇口から出てきた水を飲料水として飲んでもいいのか、これは大変気になることですよね。毎日の生活の中で水道から出る水というのはとても欠かすことができないものなのですが、そのまま飲んでもいいのかどうか、ちょっと不安ですよね。日本は安全基準がとても高く、雑菌、毒物などが蛇口から出る水に含まれていることはないといってもいいのですが、それよりも、不安に思うことがあるのです。

雑菌も毒物も含まれていないのですが、カルキ臭さがついているのはなぜでしょうか。カルキ臭いせいで、おいしい水とは決していえませんし、このまま飲んでもよさそうだとはいえません。家庭に水道水を提供するまでには塩素が投入されますが、塩素は雑菌や毒物を排除して消毒してくれますが、残留塩素として水道水の中に含まれているのです。

この残留塩素は発がん性物質といわれているトリハロメタンを発生させる原因であることも、近頃の研究ではわかっています。これはかなり怖いことですよね。子供を持っている親としてはかなり心配なことですので、水道から出てくる水をそのまま飲むというのはやはり適さないのでしょう。

飲料水として水道の水を飲むことは、残留塩素の問題からやめておいたほうがいいということになります。もし飲むのであれば一度煮沸する、浄水機を使用すると安心ですので検討している家庭、すでに使っている家庭も多いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊婦と子供が安心のウォーターサーバーを無料でお試しできます

妊娠中の妊婦のダイエット

妊娠中の妊婦の便秘は危険

妊娠中の妊婦さんの肌荒れ対策

定番の葉酸サプリはこれ

母子家庭のシングルマザーがもらえる手当て

妊娠中の妊婦さんのフェイシャルエステ

妊娠中の妊婦も使える白髪染め

妊娠中の妊婦の薄毛と抜け毛対策

子供の名前占い

ブランド品の宅配買取

ハローワークにはない看護師の非公開求人

コンテンツ一覧