妊娠中の便秘は危険です

妊婦の便秘を解消するポイント
妊娠すると便秘になりやすい


妊娠中は便秘になりやすい

妊娠中と言うのは、ただでさえ体が普通の状態ではありません。今まで食べられたものが食べられなくなったり、つわりが続いたり、体調の変化による睡眠不足など、辛い症状が出る妊婦さんも多いでしょう。

もともと、妊娠初期は黄体ホルモンが腸の働きを低下させるために、妊娠中は便秘になりやすいのです。さらにこういった妊婦特有の体調の変化によって、さらに便秘がひどくなったりします。

妊娠初期を過ぎると、黄体ホルモンの分泌量が減るので、いったん便秘が治まることもあります。しかし、妊娠中期に入ると子宮が大きくなってくるため、子宮が腸を圧迫して便秘が起こりやすくなります。つまり、妊娠中というのは、ほとんどの期間が便秘になりやすい状態になってしまうのですね。

でも、便秘をそのままにしておくと、物理的にも苦しいですし、体にも悪い影響が出てしまいます。妊娠中の便秘解消の方法は、まず母胎と赤ちゃんにダメージを与えない方法を選ぶことが大切です。

となると、やはり食生活から変えていくのが一番です。便秘を引き起こす肉類などは避けて、和食中心にしてみましょう。食材は、出来るだけ野菜を多く摂るにようにして、食物繊維などの成分を摂るのが理想的です。ただし、つわりなどで食欲がない場合には、ウォーキングなど軽い運動をしてみましょう。歩くときの振動が腸の働きを活発にさせるので、意外に便秘解消効果があります。激しい運動は体に負担になりますが、ウォーキングなら負担になることもなく、妊娠中毒症などの予防にも繋がるのでオススメです。

妊娠中の便秘は危険です

妊娠中の便秘を改善する方法

妊婦さんの便秘の改善方法としては、どのような方法があるでしょうか?赤ちゃんを育む大切な時期にある妊婦さんの中には、便秘になってしまう方が大勢いらっしゃいます。もともと女性は筋力が弱く男性より便秘になりやすい傾向がありますが、妊娠中の女性はそれに加えて、ホルモンの影響や大きくなっていく子宮に大腸や直腸...

妊娠中の便秘を改善する方法の続きを読む>