妊娠中の便秘を改善する方法

妊娠中の便秘を改善する方法

妊婦さんの便秘の改善方法としては、どのような方法があるでしょうか?赤ちゃんを育む大切な時期にある妊婦さんの中には、便秘になってしまう方が大勢いらっしゃいます。もともと女性は筋力が弱く男性より便秘になりやすい傾向がありますが、妊娠中の女性はそれに加えて、ホルモンの影響や大きくなっていく子宮に大腸や直腸が圧迫される・・・という事情があり、さらに便秘になりやすいのです。では、それらを改善するためには、どのようにすれば良いのでしょうか。

まずは、生活習慣や食事を見直してみるのが先決です。水分をたっぷり摂り、食物繊維や乳酸菌など便秘に良いという栄養素を摂れるように3食の食生活を整えます。具体的には、ヨーグルトや野菜、海藻、きのこなどが「便秘に良いもの」としては代表的ですね。そして、ウォーキングなどの適度な運動を取り入れ、睡眠をしっかりとって生活のリズムを整えます。自律神経の乱れにより便意がうまく働かず便秘になってしまう方も多いので、生活リズムを整え、バランスのとれた食生活をするだけで便秘があっさりと改善する場合も多いといいます。

これらの対策をとっても便秘が改善しない場合、産婦人科に相談して便秘薬を処方してもらうというのもひとつの方法です。便秘はとても不快な症状が続きますから、場合によっては無理をせず薬に頼るのもひとつの方法です。ただ、妊娠中は赤ちゃんや妊婦さん自身の健康に影響がないよう、必ず産婦人科に相談したうえで薬を使用することが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊婦の便秘を解消するポイント
妊娠すると便秘になりやすい
善玉菌で腸内環境を整える