男性の不妊治療の検査

男性の不妊治療の検査

妊娠・出産に向けて男性が生理的に関与できるのは、受精前の段階までです。その後は、パートナーの女性を精神的にサポートすることが重要になってきますが、病院で検査をする場合、男性の検査内容は身体検査と精子の状態から射精までの過程において異常がないかのチェックとなります。既に生活している中で、何らかの不調を感じている場合には、不妊治療の前の治療が必要になってくるかもしれませんが、将来的な健康を育てていく為には必要な過程となるかもしれません。時間がかかってもきちんと取り組むことで、精神的にも身体的にも生活のクオリティが高まる可能性があります。

男性が、不妊治療の為の検査を受けるのは当然のことですが、その前段階である検査で男性に何らかの異常が発見されることは良くあることで、実際の統計では不妊の原因は女性と男性の同等にあると言われています。これまでは、不妊というと女性にだけ問題があるような情報を流すメディアの風潮がありましたが、実際はそうではありません。特に、仕事の上での過酷なストレスに晒されている男性は、身体にも同じようなストレスがかかることは容易に想像がつきます。病院の検査でも、最初の問診がかなり重要になるのはその為です。正常な精子を作れる条件を保てているかどうか、生活習慣について細かな問診が行われます。その他、触診により陰嚢の硬さ、大きさなどを実際に触って検査し、睾丸の大きさをチェックします。この段階で問題があれば、次の具体的な検査に進む可能性があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加