小児がん

小児がん

小児がんを発見するには

小児がんは症状がわかりづらいため、子供本人はもちろん保護者が気づかないことがよくあります。風邪だと思って病院に行ったら、小児がんだと発覚したというケースも珍しくないのです。小児がんが発覚した子供の多くは、2ヶ月前から発症しているとされています。小児がんは風邪に近い症状があらわれることが多いので、普通...

小児がんを発見するにはの続きを読む>

小児がん治療で行われる支持療法

小児がんの治療に欠かせないと言えるのが、「支持療法」です。放射線治療、外科治療、そして化学療法は三大療法として小児がん治療の主流となっています。ですが、これらの治療はリスクが高く、様々な問題をはらんでいます。支持療法は、小児がんをスムーズに治療していくために、治療をサポートするという方法です。小児が...

小児がん治療で行われる支持療法の続きを読む>

小児がんの種類を把握する

小児がんは子供が発症する、悪性腫瘍のことを指します。がん=悪性腫瘍というイメージが強いかもしれませんが、悪性腫瘍を詳細に見ると、「癌」と「肉腫」に分けることができます。悪性腫瘍の中の癌は、上皮から発症するものを言い、胃がんや肺がんなどを指します。肉腫は上皮以外の場所で発症し、リンパ腫や神経芽細胞腫、...

小児がんの種類を把握するの続きを読む>

小児がんが治る可能性

小児がんが完治可能な病気なのかは、とても重要な問題と言えます。小児がんには様々な種類があるので、一言でどれくらいの確率で治るかを言うのは難しいかもしれません。小児がん全体を考えると、命が助かる可能性は7割程度と言っていいでしょう。ですが、完治できるかどうかという問題に関して言えば、一言であらわすのは...

小児がんが治る可能性の続きを読む>

外科治療による小児がんの治療

小児がんの治療方法として用いられるのが、「外科治療」という方法です。化学療法は身体のすべてに作用しますが、外科治療の場合は局所的に作用するという特徴があります。外科手術は、手術を行うことで腫瘍を除去する方法です。小児がんの治療は主に化学療法が行われますが、腫瘍によっては化学療法が適さない場合もありま...

外科治療による小児がんの治療の続きを読む>