小児がんの種類を把握する

小児がんの種類を把握する

小児がんは子供が発症する、悪性腫瘍のことを指します。がん=悪性腫瘍というイメージが強いかもしれませんが、悪性腫瘍を詳細に見ると、「癌」と「肉腫」に分けることができます。
悪性腫瘍の中の癌は、上皮から発症するものを言い、胃がんや肺がんなどを指します。肉腫は上皮以外の場所で発症し、リンパ腫や神経芽細胞腫、脳腫瘍、白血病などを言います。
子供が発症することが多いとされているのが肉腫で、組織の奥で発症することがわかっています。そのため、症状が悪化しないと自覚がしにくく、予防や早期発見が難しいという特徴があります。
ですが、大人のがんと比べると治療の効果があらわれやすいと言われています。そのため、小児がんは適切な治療を施すことで、完治する可能性もあるのです。
小児がんは発症する場所によって、いくつかの種類に分かれます。生殖器官で発症する卵巣の悪性腫瘍、肝臓で発症する悪性腫瘍、上下肢や後腹膜、泌尿生殖器、頭頚部で発症する結合組織・軟部組織の悪性腫瘍など、様々な種類があります。
さらに、泌尿器や腎臓で発症する腎臓の悪性腫瘍もあります。悪性骨肉腫は、大腿骨や上腕、助骨、骨盤などに起こる腫瘍で、網膜芽細胞腫は眼球で発症する腫瘍です。
末梢リンパ節やリンパ球系細胞で発症するのがリンパ腫で、交感神経節や副腎などで発症するのが神経芽細胞腫・神経芽腫です。脳腫瘍は脳で発症する腫瘍、白血病は骨髄や血液で発症されるという特徴を持ちます。

このエントリーをはてなブックマークに追加