小児がん治療で行われる支持療法

小児がん治療で行われる支持療法

小児がんの治療に欠かせないと言えるのが、「支持療法」です。放射線治療、外科治療、そして化学療法は三大療法として小児がん治療の主流となっています。ですが、これらの治療はリスクが高く、様々な問題をはらんでいます。
支持療法は、小児がんをスムーズに治療していくために、治療をサポートするという方法です。小児がんの治療を成功させるために重要な役割を果たす方法だと言えるでしょう。
支持療法がしっかり実施されていないと、患者である子供の生活にも支障をきたすこともあります。そのため、支持療法は小児がんの治療が進行するごとに、その重要性を増すと考えられています。
様々な治療方法を試すということは、患者の負担が大きくなるという可能性も頭に入れておく必要があります。その負担をできる限り軽減させるためには、支持療法を適切に行うことが大切なのです。
支持療法で行われるのは、栄養摂取や感染症の予防と治療、さらに輸血や輸液などです。これらのサポートは患者の状態に適した内容である必要があります。そのため、医師や看護師は外科治療や化学療法と同様に、支持医療にも注力しなければいけないのです。
支持医療を実施する場合は、小児がんによってあらわれる症状だけに注意を向けるのは、いい影響を及ぼさないと考えられています。治療によって副作用が起こる可能性は常にあるので、それを考慮しなければいけないのです。また、患者である子供自身も、医療従事者と一緒に身体の負担を軽減する努力をしていくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加