小児がんを発見するには

小児がんを発見するには

小児がんは症状がわかりづらいため、子供本人はもちろん保護者が気づかないことがよくあります。風邪だと思って病院に行ったら、小児がんだと発覚したというケースも珍しくないのです。
小児がんが発覚した子供の多くは、2ヶ月前から発症しているとされています。小児がんは風邪に近い症状があらわれることが多いので、普通は判断がつきません。そのため、風邪だと思い込んで市販薬などで対処することで、小児がんの発覚を遅らせることもあるので避ける必要があるでしょう。小児がんに見られる症状があらわれた場合は、風邪だと思い込まずにまずは病院での診断を受けることをおすすめします。
また、小児がんが悪化すると、生存率が著しく低下してしまいます。少しでも症状があらわれたら、一刻も早く病院に赴くことが大切です。早めに小児がんだということがわかれば、早い段階で適切な治療をスタートすることができ、生存率を上げることができます。
ただし、小児がんの早期発見が本当に実現可能かどうかは疑問の余地があります。小児がんは早急に症状が悪化していき、様々な症状を併発していきます。その中で、早期発見をしていくのはとても大変なことだと言えるでしょう。
そのため、治療をはじめたときには、症状が進行してしまっているということは大いに考えられます。とは言っても、早期発見をすることは大きな意味があることなので、保護者は子供の異変に敏感でいることが求められるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加