不満や疑問も言い合えるお付き合いを

不満や疑問も言い合えるお付き合いを

お子さんが楽しく保育園に通うために必要なことは、家庭と保育園との円滑なお付き合いです。何年も保育園に通っていると、時には保育園側への不満を感じるときもあるでしょう。問題が出て来たら、保育園と家庭双方から冷静に向き合い、円満に解決することが重要です。
もし保育園側の対応に疑問を感じた際、どのように対応すればいいのでしょうか。まず1番有効なのは、担任の先生に直接相談することです。お話しする時間が持てないなら、連絡ノートや手紙などを使って伝えると良いでしょう。
先生自身への不満などで直接伝えづらい内容なのであれば、主任の先生や別の先生に相談しても良いでしょう。1つの意見として報告したいのであれば、電話で伝えることも有効です。
現在ほとんどの保育園では、保護者からの意見を積極的に取り入れるため、アンケートや意見交換の場が設けられています。これらを利用しながら保育園と積極的にコミュニケーションを図ることで、家庭と保育園双方の保育環境が改善されていくのではないでしょうか。
保育園は集団生活が基本ですから、自分1人の勝手な意見でお子さんのこれからの保育に影響が出てはいけないと考え、不満や疑問をなかなか言えない保護者も多くいます。しかし、お子さんが過ごしやすい環境作りを第一に考えれば、意見を伝えることはとても大事なことです。保育園と保護者は、何事もためらわず、積極的に言い合える関係を作り上げることが大切だと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加