子供の名前をどうつけるか

子供の名前をどうつけるか

妊娠すると、生まれてくる子供の名前をどうつけるか悩む夫婦は多いです。名前は改名しない限りは一生ついてまわります。そのため世間からあまり良いイメージを持たれないような名前をつけてしまった場合、その子の一生を台無しにしてしまいかねません。

今の時代は、就職活動の際も名前次第で合否を決められることすらあるのです。そのため、親はどうしても名づけに慎重になります。子供の人生が素晴らしいものになるようにとの願いを込めて、深く考えたうえで名前をつけるのです。

子供の名前をどうつけるかは人によるのですが、最も多いのが姓名判断の結果を参考にするというものです。姓名判断とは俗に言う名前占いのことで、字画の合計から吉凶を判断する占いです。当たるも八卦当たらぬも八卦という言葉がありますが、子供の名前にはできるだけ運勢が良くなるような漢字を使いたいと思うのが親心なのです。

また、親や身近な人の名前にちなんだ名づけもよくおこなわれます。父親の名前から一字をとったり、母親の名前と似た意味を持つ言葉を使ったりなどです。さらに、思い入れのある芸能人や映画作品などから名づけをおこなう人もいます。このように様々な名づけの方法がありますが、いずれの方法でつけられた名前も、子供への愛情と幸せを願う気持ちとが込められたものです。生まれた子供をその名前で呼ぶのは親にとって幸せなことであり、呼ぶたびに愛情はより一層深くなっていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加