大人ニキビの潰し方

大人ニキビの潰し方

大人になってからもできる大人ニキビは、思春期のときよりはニキビの数が少ないですが、非常に目立ってしまいます。
そこで今回は、大人ニキビに対する対処法として知られている潰し方について説明していこうと思います。
まず、ニキビは潰してはいけないとこれまで親からなどから言われていたと思います。
しかし、ニキビは正しい潰し方をすれば待つよりも早く治すことができます。
最初にどのニキビを潰しても良いのかということについてです。
それは、白いニキビと少し黒ずんだニキビです。
この状態では、芯を出すことによって通常よりも早く治すことが可能です。
しかし、逆に言えば、潰してはいけないニキビも存在しています。
それは、赤くなってしまったニキビや明らかに膿が残っているニキビです。
このようなニキビを潰してしまうとニキビ跡が残ってしまいます。
ニキビの色によって潰していいものがあるということについて注意するようにしてください。
次に、潰して良いニキビの潰し方について説明していこうと思います。
まず、コメドプッシャーというものを用意してください。
それでニキビの芯をしっかり捉えて押し出してください。
注意点としてはたくさんあります。
コメドプッシャーという綿棒のような器具を利用していますが、爪などでは押し出してはいけません。
爪にはたくさんの菌があるので、再びニキビに菌が入ってしまう恐れがあるからです。
また、無理矢理潰そうとしてはいけません。
傷が出来てしまい跡が残ってしまうからです。
これまでのことに注意して、大人ニキビに対して正しい潰し方を行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加