妊娠中の妊婦のダイエット

妊娠中は酵素で痩せるのがオススメです。
多くの妊婦の方に選ばれています。
好評なのには理由があります。



妊娠中の妊婦に選ばれている酵素ドリンクのダイエット

妊娠中はダイエットはしてはいけないというのが常識になってますが、実は妊婦がダイエットをしなくてはいけない状態もあります。実際のところ、医者から「痩せてください」とか「今より体重を増やさないで」などといわれる方は多いです。体重が増えすぎると妊娠中毒症や糖尿病のリスクも高くなりますし、産道に余分な脂肪がついて難産になるリスクも出てきます。

もちろん、妊婦の無理なダイエットはNGですが、太り過ぎないように無理なく行うダイエットは必要ですし、積極的に行ったほうが良いとされています。

たとえば、妊娠すると嗜好が変わって偏った食事になりがちですが、そこをバランスの良いメニューに変えていくだけでも体重の増加を防げますし、適度な運動をすることで代謝をが良くなり減量につながりますし、ストレス解消にもなります。

妊娠時のダイエットとしてオススメなのが酵素ドリンクを取り入れることです。酵素には妊婦や赤ちゃんにも必要な栄養がつまっていて、栄養バランスを整えることができます。また、酵素ドリンクは満腹感も得られますので食事の量も適度に減らすことができます。

酵素ドリンクでダイエットするというよりは、必要な栄養素を取りながら食事を適切な量にコントロールして余分な脂肪を落として減量するということです。少し太ってきてしまったなという方は試してみてください。実際、多くの妊婦の方が酵素ドリンクで栄養と体重のコントロールをしています。

妊婦のダイエットは体重管理と運動が大切

妊娠すると、周囲から「妊婦さんだから赤ちゃんの分まで食べなさい」といったアドバイスをされることもあるかもしれません。が、実はこれ大きな間違いです。戦前・戦後食べるものがない時期には、妊婦に優先して栄養を与えるために、こういう言い方も有効でしたが、飽食の時代ともいわれる今、妊婦の食べ過ぎはさまざなトラブルのもとです。

妊娠中にお腹が大きくなる以上に極端に体重を増やしてしまうと、妊娠高血圧症候群や妊娠中毒症、糖尿病を引き起こす危険があります産道に脂肪がつくことで難産の確率がアップしてしまいます。その一方、絶食などの無理なダイエットを行ってしまうと、栄養不足の影響で、2,500グラム以下の低出生体重児になることも少なくありません。低出生体重児は生活習慣病にかかるリスクが高いともいわれています。 また、太り過ぎると妊娠線もついてしまうので、痩せる必要はないのですが、太り過ぎないようにダイエットしていくことは必要です。

ただでさえ、お腹が重くなって運動不足にもなりがちですが、まったく運動しないと筋力がおちて、赤ちゃんを産む時にいきむ力が弱まりますし、微弱陣痛になりやすいとされています。また、出産後体重が戻らないだけでなく、肥満しやすい体質に変化するおそれもあります。妊娠中も、意識して運動を行って、体重管理に努めましょう。

妊娠中の妊婦のバイブルの雑誌たまごクラブのインタビューで元モーニング娘。の中澤裕子さんも、妊娠中にもっと運動をしておけば、もう少し出産をラクにできたかもしれないと語っています。真夏で外に出るのを避けていたため、運動不足になっていたとのことです。

スポーツクラブやフィットネスクラブ、スイミングスクールなどでもマタニティー向けのスポーツ教室が数多く開かれています。エアロビクスを妊婦向きにアレンジしたマタニティビクスやマタニティヨガなども人気です。またダイエットの王道でもあるウォーキングも、道具も費用もかからないので手軽にはじめられますね。この場合もくれぐれも無理は禁物。自分に合った運動で、体重管理を行ってください。

妊娠の時期や週数によってもダイエット方法は変わってきます。15週までの妊娠初期は、無理な運動は避けるようにしましょう。人によってはつわりが酷いケースもありますので、ストレス解消にもなるウォーキングがおすすめです。

週数が27週までの妊娠中期は、つわりも良くなって食欲も旺盛になってきます。この時期は食べ過ぎることも多く、太りやすいので、ピラティスやマタニティヨガなどの妊婦のエクササイズを行うと効果的です。

予定日が近づく妊娠後期は、赤ちゃんが成長して体重も増えていきます。運動はしづらい時期ですが身体を動かさないと体力も落ちてしまいますので散歩やウォーキングを適時取り入れていきます。

妊娠中の妊婦は何キロまで太っても大丈夫?

妊婦さんは、週数が進んで妊娠10か月くらいの段階で、赤ちゃんは3kg程度、胎盤や羊水で約1kg、妊娠により増加した血液や体液などで約3kgの合計7kg程度は、妊娠を要因とする体重増加になります。それ以上の増加分は脂肪の増加ということになります。

標準的な体型の方であれば、7kgから10kg程度の増加が目安になります。やせ気味の方は、それよりも増加分は多くなりますし、太っている方は増加分は少なくなりますが、個人差がありますので体重の増加がそれほど多くなくても、医師に指摘された場合は体重をコントロールするようにしましょう。

妊婦のダイエットと食事制限

妊娠したら、いつにもまして栄養バランスに配慮し、また三食を規則正しくしっかり食べて、母子ともに健康に出産を迎えたいですね。だいたい2500キロカロリー前後が目安になります。妊婦さんの妊娠中の食事は、出産後にも関係してきますし、ダイエットにも関わりますので、ダイレクトに影響が出る場合もあるので、何をどう食べたらいいのかは、覚えておきましょう。

定期的な妊婦診断で、太り気味、という診断を受けた場合は、無理にダイエットを行うのではなく、食事内容を見直して、胎児のために一番良質なエネルギーがいくよう、食事内容の取捨選択を行いましょう。減らす食材は、摂るのが好ましくない、とされるものにしておけば一石二鳥です。

妊婦のうち5人に1人が妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、早産などになっていて、NTTドコモと東北大学 東北メディカル・メガバンク機構などもヘルスケアデータとゲノム解析で妊婦の疾患を研究しています。 赤ちゃんの成長に必須なタンパク質やビタミン、ミネラルまで損なう危険があるため、妊婦が極端なダイエットを行うことは、基本的には避けた方がよいとされていますが、妊娠中に太り過ぎると妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが高くなるため、ダイエット指導を行う医師も増えています。必要な栄養素を酵素ドリンクなどで摂取しつつ自然に体重を減らしていくことがポイントになります。

たとえば、生肉や生ハムなど、トキソプラズマ症の危険のあるものや、レバー類、カフェインなど、摂り過ぎなどが胎児にマイナスの影響を与える場合は、食事制限を行ってできるだけ食べないようにしてください。逆に、牛乳や貧血を防止するための鉄分やビタミン類、カルシウム・タンパク質は積極的に摂取するようにしましょう。クックパッドなどで妊娠中のママ向けレシピや他のママブログも出典元として参考になります。鉄分補給のレシピとしてはひじきを使ったひじき雑炊などが人気です。栄養バランスそのものが悪くなってしまっては意味がないので、トマトや大根、キャベツなどの野菜も含めて、三食の材料のバランスや栄養分の組み合わせ、過不足について、しっかり把握しておきましょう。間食を控えることも重要です。そういう意味では、妊婦に必要な栄養素を含んでいる酵素飲料によるダイエットは妊娠中に適しています。

出産が終わったらエステで産後ダイエット

赤ちゃんを産んだ後のママはどうしても体型が変わってしまいます。妊娠中は、あらゆるストレスから太ってしまうと回答する方も多いです。出産によって骨盤が開くのもボテッとした体型になってしまう原因のひとつと言われていますが、それらを元に戻して妊娠前の適正体重にしていく作業、いわゆる産後ダイエットが人気となっています。

出産する女性が減っているにもかかわらず産後ダイエットの需要は年々延びているようで、産後ダイエットのコースやプランを特別に設けているエステサロンも急増中とのこと。出産後に自力でダイエットに励むのもいいですが、専門家のいるエステで行うことは非常にメリットが多いので、体験してみてください。

エステの産後ダイエットはただ体重を落とすだけではなく、美しい体に戻す、あるいは出産前の状態を超える美しさを手に入れるためにプログラムされています。体型の崩れだけではなく肌荒れも妊娠中や授乳期によくあるトラブル。それをアロマを使用したりプロのハンドテクニックを使って徐々に改善していきます。
これによってホルモンのバランスも整えられますし、何よりもストレスの軽減に繋がるので、より一層子育てに意識を集中させることができるのです。母親はもちろん赤ちゃんにも良い影響を与えることができてしまいます。

育児中の自己流の産後ダイエットは逆にストレスを溜め、間違った食事制限をしがちなので栄養が偏る可能性が出てきます。やはりエステで食事面のアドバイスも受けつつ徐々に痩せるのが身体にも心にもベストなのではないでしょうか。他にも、赤ちゃんと一緒にできるベビーヨガなどは手軽にできる美容エクササイズとして人気があります。

妊娠中の妊婦のダイエット

産後ダイエットのための便利グッズ

産後にダイエットを成功させることは、出産した女性にとって早急に達成したい課題です。減量するには、食事の管理と運動だということは、誰もが知っている基本です。頭ではわかっていても、実行できずに体型を元に戻せないままでいる人もいます。妊娠で増えてしまった体重は、出産後に早めに対処すれば比較的楽にダイエット...

産後ダイエットのための便利グッズの続きを読む>

リバウンドしないダイエット

ダイエットは食事と運動で確実に成功することができます。産後のダイエットは焦って、極端な方法を取らないことが大切です。体重を早く落としたいと短期間で減量をすると、体が痩せやすい体質になっているわけではないのでリバウンドしてしまうことになります。体重が減ったことに安心してしまうと、すぐに元に戻ったり、そ...

リバウンドしないダイエットの続きを読む>

母乳育児でダイエット

産後のダイエットには苦労します。体調管理や食欲の管理が意外と大変なのです。しかし、苦労せずに体重の管理ができる人もいます。母乳で育児をする人は意外と楽にダイエットに成功できるようです。母乳育児の良さは、減量効果だけではありません、赤ちゃんの免疫力アップのためにも良い影響があるのです。哺乳動物の赤ちゃ...

母乳育児でダイエットの続きを読む>

産後のためのサプリメント

健康のため、ダイエットのため、美容のため、このような理由からサプリメントはいろいろな人に利用されています。サプリメントは、日常の食生活では補いきれない栄養素を補ったり、加齢などで体内から減少してしまった栄養素を補う目的で利用されています。ダイエットを謳っているサプリメントにの中には、粗雑なものもあっ...

産後のためのサプリメントの続きを読む>

産後ダイエットに利用したい献立

産後のダイエットはとても大切です。女性にとって美しく健康的であることは必要ですし、赤ちゃんにとっても生き生きとしたきれいなお母さんは嬉しいものです。育児や家事の忙しさに忙殺されてしまうと、ついつい自分の食事がおろそかになってしまうことがあります。しかし、産後のダイエットが必要とはいえ、食事は日常生活...

産後ダイエットに利用したい献立の続きを読む>

ヨガで産後のリフレッシュ

ヨガは激しい動きをしませんが、ダイエットや心身のリフレッシュ方法として人気があります。もともとは、インドを発祥とする修行で、種類があります。例えば、呼吸法を取り入れた健康を目的としているもの、瞑想による精神統一を目的としたものなどがあります。中でも出産した後のダイエットの方法として、健康目的のヨガは...

ヨガで産後のリフレッシュの続きを読む>

産後はマッサージてリラックス

マッサージをすると、筋肉のコリばかりでなく、血液やリンパの滞りも解消することができます。リラックス効果やむくみの解消にも役立ちますので、産後ダイエットの方法として積極的に活用するとよいでしょう。出産後はすぐには赤ちゃんを連れての外出はできません。育児や家事で忙しいですし、体調も万全ではありませんので...

産後はマッサージてリラックスの続きを読む>

体をほぐして産後ダイエット

無事出産を終えて、生活や育児のリズムに慣れてきたら、産後ダイエットを始める時期です。体重の増加がなかった場合には減量の必要はないでしょう。しかし、体型のたるみや、くずれはほとんどの人に現れる現象ですので、やはり引き締めの運動などが必要になります。ダイエットの方法として良く知られているのは、食事の管理...

体をほぐして産後ダイエットの続きを読む>

産褥体操のすすめ

妊娠で太ってしまう人は少なくありません。そして、出産すると体重の増加や体型の崩れに悩むことになります。そこで、多くの人が産後ダイエットに取り組みますが、忙しさや体調の変化などから成功に至らない場合もあります。産後すぐから始められる産褥体操なら負担もなく、体調管理にも役に立ちます。この体操は、赤ちゃん...

産褥体操のすすめの続きを読む>

産後にはダイエット

昔は、赤ちゃんは胎内で大きく育てることが良いと言われていました。しかし、小さく生んで大きく育てるというのがこのところの傾向です。妊娠中は体重が増加しすぎないように気を付けることが大切です。妊娠中に、赤ちゃんのための栄養と考えて際限なく食べてしまうと、体重が増加しすぎてしまいます。すると、出産後に、妊...

産後にはダイエットの続きを読む>