妊娠すると薄毛になるって本当?








妊娠すると薄毛になるって本当?

髪の豊かさや、薄毛・抜け毛にはホルモンが大きく影響しています。男性ホルモンのテストステロンが「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくと 男性ホルモン型脱毛症(AGA)の原因となります。稀ではありますが、女性でもAGAが発症する場合があり、それを「FAGA」といいます。

本来は、妊娠すると女性ホルモンである黄体ホルモン「プロゲステロン」の分泌が活発化するので、髪が豊かになるはずなのですが、ホルモンバランスの変化や生活習慣、また体調などの変化によって、さまざまなバランスが崩れることで頭皮や毛髪にマイナスの影響がでる場合があります。

出産後は妊娠で増えた女性ホルモンが通常に戻るので、そこでまたホルモンバランスの変調があります。多くの女性が妊娠・出産で髪のダメージや抜け毛を意識するのはこのタイミングが多いと思います。これを「産後脱毛症 (分娩後脱毛症)」と呼びます。洗髪のたびに多くの髪が抜けるとショックですよね。

妊娠・出産による薄毛は女性ホルモン不足が基本的な原因なので、女性ホルモンをアップさせることが薄毛予防につながります。女性ホルモンを増やす食事や、 ストレス解消方法を取り入れてみて下さい。ハーブなどの効果も有効ですね(エッセンシャルオイルの使用は医師に相談したうえでお使いくださいね)。

妊娠・出産による薄毛は一時的なもので、あまり深刻に考える必要はありません。誰でもなっているんだ、くらいで軽く流した方がストレスにならなくてよいと思います。ただ、中にはホルモンバランスがうまく回復せず、抜け毛・薄毛が長期に及ぶ場合もあります。気になる方は頭皮ケア専用のシャンプーや女性用育毛剤などを利用してみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加