妊娠で「髪の毛のボリュームが減った」方へ

妊娠で「髪の毛のボリュームが減った」方へ

新しい命の誕生・妊娠は、とても嬉しいできごとですが、それに伴ういろいろな体調変化、また生活環境の変化は、生活リズムを狂わせ、それが肌荒れや抜け毛などにつながる場合があります

女性の抜け毛・薄毛は「びまん性脱毛症」と呼ばれ、男性のように生え際が後退してM字型に抜けるのではなく、頭頂部を中心に全体に薄毛になるので、ボリュームダウンするのが特徴です。

通常、抜け毛の影響は出産後、女性ホルモンがぐっと減少することで起こる場合が多いのですが、妊娠によっても髪の毛のボリュームが減ったり、切れ毛や細毛などのダメージヘアが増える場合があります。

妊娠中はホルモンの変調や出産・育児への不安などから、精神的に不安定になりやすく、そこに髪の毛まで減ってしまって、へアセットなども思うようにいかないと悲しくなりますよね。それ自体は一過性の場合が多いのですが、ささいなトラブルが重なってマタニティブルーなどを引き起こすので、できれば防ぐに越したことはありません。

まず妊娠・出産は病気ではないこと、またそうした変化は赤ちゃんが順調に育っているからこそ起こるものであることを意識するようにしましょう。深刻に考えるとますます不安が倍増し、抜け毛を促進してしまいます。

たとえば美容室のヘッドスパなどでリフレッシュしたり、アロマテラピーを楽しんだりするのもいいですね。もちろん妊娠していることを伝えて、刺激的すぎるものは避けて下さい。妊婦だと食事制限などもありますが、たまには好きなものを思い切り食べる、というのもいいかもしれません。頭皮ケア専用のシャンプーを利用する方も妊婦さんには多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加