妊娠中の妊婦も使える白髪染め



妊婦に適した白髪染め

妊娠中の白髪染めに関しては、医師によっても評価がわかれていて「使っても問題ない」という意見と「妊娠中はもちろん授乳中もだめ」という意見もあり、なんとなく「妊婦は使わない方がいいのかな」と思ってる方が多いと思います

妊娠によってはじめて白髪ができた、という方の場合、「白髪をなくしたい」という気持ちと「でも危険なのは困る」という気持ちの板挟みになりがち。数本なら抜いて済ませることもできるかもしれませんが、抜くのは頭皮や毛根を傷つけて抜け毛を誘発するのでお薦めできませんし、本数が増えてくると抜いてばかりもいられません。

市販の白髪染めやカラーリング剤だと、妊娠中の使用に関して「使用しないでください」「医師にご相談ください」という注意書きがあるものもあります。染色剤独特の刺激臭で気分が悪くなる危険もあります。つわりだと特に苦しいですよね。

最近では、妊婦に適した白髪染めとして、安全な天然成分でできたものや刺激臭のないタイプも開発されています。シャンプーするだけで染まっていくという製品もあります。一気に白髪が増えた場合と数本では染め方も異なると思います。たとえば外出の時の一時隠しで間に合うのなら、部分染め用のヘアマニキュアタイプだと、髪や頭皮へのダメージもありませんし、必要な時だけ使うことができて便利ですね。ただし全体に白髪が増えた場合はしっかり染まるタイプのほうがいいでしょう。たとえばこちらの白髪染めは多くの妊婦の方にも選ばれています。私も使ってみました。こちらに使用感を口コミ体験談としてまとめましたので参考にしてみてください

自分の体調、体質などもふまえて、使い勝手もあわせて使いやすいものを選んで下さい。白髪もそうですが、染めることがストレスにならないことが大切ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中の白髪染めはどれを選ぶべきか?

妊娠初期であれば身体も妊娠前とあまり変わらず、これまで通りに美容室やヘアサロンに行ってカラーで白髪をカバーできますが、中期から後期になってくると初期と比較してお腹も大きくなり母体も変化してきます。

美容室で白髪を染めてもらう時間も負担になってきます。

できれば自宅で染めたい。

妊娠中の多くの方が選んでいるのが風呂で白髪染めができるヘアカラートリートメントです。

ハナヘナや利尻昆布などもありますが粗悪品も多く、染まりにくいケースも少なくありません。

多くの方が選択しているのが無添加の染料を使用した白髪染めトリートメントで、皮膚へのアレルギー物質などの悪影響も心配せずに使用できて妊婦さんにも安心です。

中でもLPLP(ルプルプ)やレフィーネは生え際まできれいに染まると評判のヘアカラートリートメントになります。

シャンプー感覚で染められます。

妊娠中でもしっかり白髪を染めたいという悩みを解消できます。


妊娠中の妊婦も使える白髪染め

妊娠中の妊婦でも使えて抜け毛対策にもなる定番の白髪染めはレフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー

妊娠中は白髪のお手入れも注意しなくてはいけません。 薬剤を使ったものは避け、ヘアマニキュアタイプの無添加のものを使用するようにしましょう。 わたしが使用しているのは、レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラーです。ヘアマニキュアタイプの無添加の白髪染めです。 ヘッドスパ効果も期待できるので、抜け毛...

妊娠中の妊婦でも使えて抜け毛対策にもなる定番の白髪染めはレフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラーの続きを読む>

妊娠時の白髪のお手入れ方法

妊娠時に増えることもある白髪ケア、どうしていますか? 妊娠時は女性ホルモンが増えるので髪もキレイにするチャンスですが、十分な栄養をとっていないと、白髪や抜け毛などのヘアトラブルが増えます。しっかり食事で必要な栄養を摂取するのは基本ですが、目立つ白髪はもう少し即効性を求めますよね。 髪の毛を短くすると...

妊娠時の白髪のお手入れ方法の続きを読む>