つわりになったときの対策

つわりになったときの対策

つわりは苦しいものです。妊娠の初期の段階には、気持ちが悪くなったり、おう吐を繰り返したりして食欲がガクンと落ちてしまうことがあります。さらに、寝ても寝ても眠気が取れない、とにかく体がだるい、という症状がでることもあります。

多くの人は、仕方がないと考えて、安定期がくるまでじっと我慢しています。というのも安定期が来れば、状況は変わることがわかっているからでしょうか。しかし、対策が全くないわけではありません。一番大切なことは、リラックスすることです。妊娠によって感じているストレスや不安、食事ができないことに対する不安は誰にでもあります。しかし、そのことで感じるストレスを解消することが大切なのです。

次に食事対策ですが、つわりで食事がまったくとれなくなったとしても慌てることはありません。体調はその日によって違うはずですので、食べられそうなものがあれば、それを摂取すればよいのです。そして、水分だけは補給するようにしましょう。

さらに、食事の量が少なくても、回数を増やして摂取するとよいでしょう。また、流動食のようなものでも構いません。体調と相談しながら摂取するとよいでしょう。

つわりの時期は、あまり頑張りすぎて、バランスの良い食事や妊婦用の食生活などの情報通りにすることはありません。体調が安定するまでは、野菜ジュースやヨーグルトなどでも代用できます。また、空腹でつわりが悪化してしまう場合には、栄養補助食品やチョコレートなどの携帯食を持ち歩いて、その都度捕食するのもよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加