妊婦番長 妊娠したら注意すること

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊婦と子供が安心のウォーターサーバーを無料でお試しできます

妊婦と子供が安心のウォーターサーバーを無料でお試しできます
妊娠中だけでなく出産後も家庭の水の安全に気をくばることは大切です。 妊娠をきっかけにウォーターサーバーを導入する方も増えています。 next

生まれてくる赤ちゃんに思いをはせましょう

子供の名前占い 生まれてくる赤ちゃんの名前をつけられます。名前からどんな子供になるのか想像してみるのも気分転換になっていいですよ。
子供の名前占い

妊婦の食べてはいけない食事

妊娠に関わらず、バランスのとれた食事は大切ですね。赤ちゃんの成長に直結する妊婦の場合は、特に注意が必要です。妊娠してから、ではなく、赤ちゃんを産む予定があるのなら、早めに必要な栄養素を摂ったり、逆に身体に悪いものを避けるといった習慣作りが大切です。

妊婦が食べてはいけない食品や量を減らしたほうがよい食品もあります。たとえば魚介類の中には水銀が含まれているものもあり、厚生労働省からも「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意」が出されています。ただし魚介類には、DHAなどの必須脂肪酸が豊富に含まれているのものもあり、一概に食べるのを止めたほうがいいわけではありません。マグロの刺身なら1人前を週2回程度なら問題ないといわれています。

生肉ではキソプラズマが気になりますね。妊娠中にトキソプラズマに初めて感染すると、先天性トキソプラズマ症といって、水頭症や脈絡網膜炎等の目の病気を起こす恐れがあります。十分に加熱するなど、調理方法にも気を配りましょう。

妊娠中のアルコール摂取はへその緒を通して赤ちゃんの体に入り、脳などに影響を与え、胎児アルコール症候群という障害を起こす可能性があります。たしなみ程度なら問題はありませんが、アルコールに強いかどうかは、赤ちゃんには関係がないので、できれば禁酒を心がけましょう。

カフェインの入っているコーヒー、紅茶、お茶、化学調味料や人工添加物など、気をつけなければならないものは他にもいろいろとあります。「食べてはいけない」と意識しすぎてストレスにならない程度に、取り入れるのは問題ないようです。妊娠中は神経質になりすぎず、過剰摂取に気をつけて、上手な食生活を送ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加