母子家庭のシングルマザーがもらえる手当て


シングルマザーの児童扶養手当

母子手当ては、生活のためのシングルマザーの負担を軽減して、子どもと母親の人権を守るための「最低限」の保障だと言えます。以前は、父子家庭は対象にならなかったのですが、現在は父子家庭も対象になります。仕事をしながら子育てをするのが大変なのは男性も同じという考えからです。

主な助成金は児童扶養手当になります。18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童が対象となります。児童一人の場合は月額42,500円、二人の場合が52,540円、以降一人増えるごとに3,010~6,020円が追加されます。父母が離婚したり、いずれかが死亡または一定以上の障害わ抱えている場合が対象です。未婚のシングルマザーも対象になります。今住んでいる市町村の役所で手続きをすることが可能です。申請しないと受給できませんので注意が必要です。戸籍謄本、住民票の写し、所得証明などの書類が必要ですが、いずれも役所で手に入ります。その他に、印鑑、預金通帳、健康保険証、年金手帳を持参するようにしましょう。役所の総合案内に行けば手続きができる窓口や必要書類の入手方法を教えてもらえます。

受給できること自体を知らなかったり、申請していない方も意外といるようですので、検討してみることをおすすめします。


母子家庭のシングルマザーがもらえる手当て

母子家庭の方の再婚に最適な婚活方法

母子家庭の方が再婚するには、子供の問題は避けて通れません。一般的に子供が小さいときは再婚した場合でも新しい父親と親子関係をスムーズに作ることができる傾向にありますので、子供の年齢が低い場合は早めに再婚するほうがオススメです。子供が中高生など、ある程度の年齢になってくると思春期ということもあり、父親と...

母子家庭の方の再婚に最適な婚活方法の続きを読む>

家を高く売るには

離婚の際持ち家を売却することになったり、子供が成人して家を出ていく為夫婦で引っ越すなど、もし持ち家を手放すとなった場合、一体いくらで売れるのか不安ですよね。家と言えば大金となる財産。できれば高く売りたいところ。 売却を考えているならまず今の持ち家が一体いくらで売れるのか調べておく必要があります。不動...

家を高く売るにはの続きを読む>

児童扶養手当の手続きのやり方

母子家庭のシングルマザーがもらえる手当ての中心は児童扶養手当です。児童扶養手当に限らず国や自治体の助成金や補助金は申請をしないと支給がされません。中には母子手当ての存在を知らない親御さんがいて困窮していることもございます。情報が遮断されて孤立してしまうのもシングルマザーの方の抱える問題です。相談窓口...

児童扶養手当の手続きのやり方の続きを読む>