発達障害者支援センターの役割

発達障害者支援センターの役割

発達障害者を支援する公的機関として、「発達障害者支援センター」があります。
ここは、発達障害を持つ子供や大人への総合的な支援を行うための専門的機関で、都道府県・指定都市に設置されています。

発達障害者支援センターの役割は、大きくわけて「相談支援」「発達支援」「就労支援」「普及啓発・研修」の4つがあります。
「相談支援」では、日常生活でのさまざまな悩み・相談などに対応し、必要に応じて、福祉制度やその利用方法、保健、医療、福祉、教育、労働などの関係機関への紹介を行います。

「発達支援」は、家庭での療育方法についてアドバイスします。また、児童相談所、知的障害者更生相談所、医療機関などと連携を図りながら、「知的発達や生活スキルに関する発達検査の実施」や「療育や教育、支援の具体的な方法について支援計画の作成や助言」を行います。

「就労支援」は、就労を希望する発達障害児(者)に対して、就労に関する相談に応じるとともに、各種労働関係機関と連携して情報提供や、必要に応じてのさまざまな助言・調整を行います。

「普及啓発・研修」は、発達障害について、より多くの人に理解してもらうために、地域住民向けの講演会の開催、解説パンフレット、チラシなどの作成を行い、公共機関や一般企業などに配布しています。
また発達障害を支援する保健、医療、福祉、教育、労働などの関係機関の職員や、都道府県及び市町村の行政職員などを対象とした研修を実施しています。

ただし、各センターの事業内容には地域性があります。利用する際には、原則としてお住まいのある都道府県・指定都市の発達障害者支援センターに問い合わせてください。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加


妊婦と子供が安心のウォーターサーバーを無料でお試しできます

妊娠中の妊婦のダイエット

妊娠中の妊婦の便秘は危険

定番の葉酸サプリはこれ

妊娠中の妊婦さんの肌荒れ対策

ハローワークにはない看護師の非公開求人

妊娠中の妊婦も使える白髪染め

妊娠中の妊婦の薄毛と抜け毛対策

妊娠中の妊婦さんのフェイシャルエステ

ブランド品の宅配買取

母子家庭のシングルマザーがもらえる手当て

子供の名前占い

コンテンツ一覧