妊婦の運転

妊婦の運転

「妊婦って自分で運転しても大丈夫なのかな?」「車の振動ってどうなの?」そんな疑問も多いですね。車の運転そのものは、直接おなかの赤ちゃんに害になることはありません。ただし、妊娠中はつわりで急に気分が悪くなったり、またホルモンバランスの関係で急に眠気におそわれたり、注意力散漫になってしまうことはあるので、いつも以上に注意が必要です。

家に閉じこもってばかりいるよりは、気分転換に車でドライブや買い物に出かけるのは、かえってお薦めです。ただし、日頃からあまり運転していない、という人は、できれば誰かに運転してもらうほうが安心です。それが無理なら、調子のいい時を選んで行動してください。また、急な吐き気や突然の体調のくずれなどにも十分対応できるよう、時間的には余裕をもっておきましょう。

長時間同じ姿勢でいると、胎盤のうっ血を引き起こす危険があるので、なるべく遠出は避けて、長時間になりそうなら、途中車から降りて休憩をしてください。当然ですが、もし異変があったらすぐに病院に行くようにしましょう。念のため、母子手帳は常に携帯するよう心がけてください。

妊婦の運転でよく質問があるのが、シートベルトの有無です。日本の現行の法律では、妊娠中はシートベルトをしなくてもよいのですが、データではシートベルトを着用していた人の方が、事故時におなかの赤ちゃんが助かるケースが多いそうです。ハンドルやダッシュボードなどにお腹をぶつけたり、最悪の場合、車から放り出されたり、といった危険を考えれば、やはりシートベルトはつけたほうが安全ですね。妊婦向けに「マタニティシートベルト」も販売されていますので、活用してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加