水道水による子供のリスク

水道水による子供のリスク

かつて「外国では水道水の水は危険だから飲めない」「外国では水をわざわざ買わなければならない」といわれた時代がありました。いまや日本でも、水道水の水はリスクがあって飲めない時代となりました。

水道水のリスクの筆頭が「トリハロメタン」です。浄水場で汚れた水を浄化・消毒するために投入する塩素が残留することで発声する物質で、発ガン性が認められています。水源の汚染度が高まるほど塩素の投入量が増えるので、自動的にトリハロメタンが発生するリスクも増えます。

トリハロメタンが体内に入ると、中枢神経や腎臓、肝臓にダメージを与えるとともに、アトピー性皮膚炎や喘息を悪化させ、また疲労感や集中力の低下などを引き起こすといわれています。最近、子供たちに多い、にアトピー性皮膚炎や小児喘息の原因は水道水である可能性も大きいのです。残留塩素そのものも、皮膚のタンパク質を破壊して肌細胞に負荷をかけ、保湿力などを低下させます。それによって乾燥肌やアトピー性皮膚炎の原因にもなります。

また危険なので使用禁止になりながらも、水道管でいまだ4件に1件は使われているという鉛のリスクも大きいです。鉛管は給水管にも使われているので非常に危険です。鉛は一度身体に入ると除去しにくく、蓄積していく一方です。蓄積した鉛は腎臓障害や、脳炎・痴呆を起こす原因となります。成長過程になる子供への影響は深刻で、たとえば脳に影響すると、学力低下・記憶力低下が起こります。

トリハロメタンは正しく煮沸すれば解消可能ですが、鉛は別に除去する必要があります。子供は外で水道水を飲む機会も多いため、親が注意していく必要があります。

大人と比べて体も小さい子供は、消化器官などもまだ未熟で、免疫力や抵抗力なども大人と比べると弱いものです。外で走り回って遊ぶ事も多い子供に水道水をそのまま飲ませてしまうのは、水道水に含まれている残留塩素や重金属などもそのまま体内に入れてしまう事になるので、余りお勧めではありません。

しかし、子供の場合には、ミネラルウォーターのボトルを渡しても、飲みきれずに残してしまったりしてムダが出てしまう事も多いですよね。だからといって水をケチるのも良くありません。

ウォーターサーバーは、子供がいる家庭でもとても便利に活用する事ができます。不純物などを含まない水が冷水として出てくるので、どんなにたくさん飲んでもお腹を壊してしまうなんていう事はありませんし、美味しく水を飲む事ができます。また、いつでも水を飲みたい時に好きなだけ飲む事ができるので、のどが渇いたらコップに飲みたい量の水を注げば、ムダを省いてエコにも繋がりますね。

ウォーターサーバー業者が取扱っているサーバーの中には、小さな子供がいたずらに水を出してしまうのを予防する事ができるチャイルドロック機能が搭載されているものもあります。特に、冷水だけでなく熱湯も出せるサーバーだと、うっかりが大事故にも繋がってしまいます。

また、家庭にウォーターサーバーがあれば、普段の調理にウォーターサーバーを活用する事もできます。飲料水はミネラルウォーターでも、調理に水道水を使っていたのでは、体内に有害物質を摂取してしまう事になります。ウォーターサーバーなら調理にももちろん活用することができますから、より健康な料理を食卓に出すことができそうですね。どのウォーターサーバーを選んだらよいかわからないという方は子供も安心して飲めるウォーターサーバーの宅配水を参考にしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加