つらい吐き気

つらい吐き気

つわりと妊娠は切っても切れない症状です。いろいろな症状がありますが、最もオーソドックスな症状は吐き気です。吐き気を伴う症状を吐きづわりと言います。
程度には個人差がありますので、1日中ずっとムカムカと気分の悪い状態を抱えてしまう場合もあります。また、吐く程ではないけど気分が悪い、水を飲んでも吐いてしまう、などがあります。
妊娠初期には体調の変化で吐き気を伴いますので、食事もきちんととることができない状態になります。気分が悪いときには何を食べてもおいしくありませんし、吐いてしまうことを考えると食べたくなくなってしまいます。
普段の健康状態ならば胃腸薬などで対処できるのですが、つわりとなると薬に頼ることはできません。できるだけ安静にして、リラックスすることぐらいしか軽減する方法はないのです。
しかし、吐きづわりでは注意しなければならない点があります。吐くと水分がどんどん体内からでてしまいますので、脱水症状が心配です。水分補給だけには気を使うとよいでしょう。
つわりが酷い時には、食事がのどを通りません。無理してたくさん食べる必要はありませんが、食べたいものや食べられそうなときがあれば、何でもよいので口にいれましょう。もし、ガクンと体重が減ってしまったらすぐに病院で診察が必要です。
多くの場合、つわりは長くは続きません。安定期に入れば、いやでも食欲が出ますので、この時期には、栄養のバランスよりもまずは食べることが大切なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加